「他では味わえないやりがい」 鈴木 庸介 新商品開発部

11_l.png

1.担当している業務内容を教えてください。

11_01.jpg

私が所属している新商品開発部では、既存のシリンダライナ製造技術を活かした応用製品の開発だけでなく全く新しい技術・商品の開発も行っております。社内の知識だけでなく外部の展示会・講演会等に参加することでより多くの分野の知識を収集することが必要となります。
現在私は他県の大学に通いながら新しい技術の習得・研究をしています。最初は何も知識がないため教授からのレクチャーから始まり、徐々に製造方法・分析装置の使い方を覚えていきます。その後、条件を変え試作を繰り返して良品を作製し、商品化に繋げることが私の業務となります。

2.仕事のどんなところに「面白み」を感じますか?

新商品の開発は『発想』と『実験』の繰り返しで忍耐力が必要です。予想していた通りに進むことは少なく、失敗も多々あります。それでも自分のアイディア一つで良い結果を出し、製品化に繋げられることはやりがいであり楽しいと思います。また、他の企業・大学との接点も多く様々な知識を得られることも魅力の一つです。

3.仕事をする上で常に心がけていることは何ですか?

私は仕事に漏れが無いか確認することを心がけています。いくつか作業を掛け持つと焦りが生じ大雑把になったり、仕事が抜けることがあります。それが原因で後々に無駄な作業を発生させたり、スケジュールの遅延等を引き起こします。基本的なことですが、些細なことでもメモを残し、計画通り仕事が進んでいるか確認するようにしています。

4.入社の決め手は何ですか?

就職先は県内の企業にしようと考えており、その中でも国内トップシェアのシリンダライナを作製しているTPR工業は魅力的でした。実際に工場見学した際の溶解炉の大きさや工場内の暑さには驚きましたが、普段の生活では知りえない鋳造の仕事は他では味わえないやりがいを感じられるのではないかと思いました。入社後の現在は製造ラインから離れての仕事となりますが、様々な技術に携われる新商品の開発業務にはとてもやりがいを感じています。

5.就職活動中の学生にエールをお願いします!

限られた時間の中で本当に自分の求める企業に出会うのは難しいと思います。企業についての情報はインターネット・説明会等である程度入手できるものの、実際にインターンシップ・工場見学等で体験して得た情報のほうが断然重要です。積極的に参加して自分が本当に行きたい企業を見つけましょう。

6.休日のすごしかた、趣味

image2.jpegimage1.jpeg 温泉旅行、釣り