社員紹介 07

19_l.png

1.担当している業務内容を教えてください。

19_s2.png(1)生産データ、不良データ、故障履歴の入力                                                                    生産数、稼働時間、不稼働時間、合格数、鋳造不良数、加工不良数、検査不良数、故障履歴などの入力作業を行っています。

(2)間材の発注                                                                                             現場からの購入依頼品の見積を取り、伝票で注文書を発行します。型式が類似している品物は詳細までを現場でよく確認してから発注先へ見積依頼を行っています。そして納品が行われたら品物を受取り所から現場まで運びます。平行して注文した品物の単価、発注先、納期などを購入間材一覧表に入力します。

 (3)製造の現場応援                                                                                   生産が旺盛で現場の人手が足りない場合は状況に応じて応援に入っています。

 2.仕事のどんなところに「面白み・やりがい」を感じますか?

製造部は、一つの素材が製品へと造り込まれる現場と一体となる部署ですので、それらを作っている現場に実際に身を置く事で、気になる事は何でもすぐに見に行く、聞きに行く事が出来る点が面白いと感じています。

3.仕事をする上で常に心がけていることは何ですか?

19_s.jpg現場と事務所とを日々往復する私の仕事は、持ち場を離れると生産活動が行えない現場での作業と、事務所から離れると出来ない発注や入力などの事務的な作業とを並行して効率的に行う必要があります。ですので、一旦その場を離れる時点で、次に戻ってきた時に何から始めるかをよく確認するよう心がけています。繰り返し確認を行う事で作業と作業とが自然と繋がり、複数の仕事を並行して行わなければいけない状況でもスムーズに業務を行う事が出来ます。

4.入社の決め手は何ですか?

2012年に大学を卒業し、震災で一旦休止していた就職活動を再開しようとした所、母校より弊社の紹介を受けました。弊社は山形をマザー工場として海外に7つの拠点(現在8拠点)があり、製造している製品は世界シェアナンバーワンである事を知り、純粋に、地元東北に居ながらも海外と繋がる仕事が出来るといった点に魅力を感じ入社を決めました。また内定後も、実家から社宅への引越しなどの対応を丁寧にして頂いた事や、就活を応援してくださった母校の先生が弊社をイチオシしていた事も弊社に就職したいと思える大きな決め手となりました。

 5.就職活動中の学生へ向けてメッセージをお願いします!

就活は自分の弱い部分や足りない部分とも向き合わないことには進まない孤独な作業だったと記憶しています。自分の全てを人にさらけ出す事が苦手だった私は、悩んだ挙句、周囲に働きかけて理解・協力を仰げば良いのだという他の誰でもない自分の答えに辿り着きました。                                                          実際この答えが見つかった頃から自然とポジティブな行動が出来るようになり、就活も無事終えられました。難しいですが、時には失敗する自分も受け入れながら、出来ないとやる前から諦めてしまう前に、まずはやってみようと行動する事が就活では肝心だと思います。

 6.休日の過ごし方・趣味

19_1.jpgヨガ、散歩